R&R Station 通販店へ arclight gamesへメールを送る

サポートヒストリア 日本語版 

ヒストリア 日本語版 

最終更新日:2015/06/24

エラッタ
ルールブック11ページ 「●9-1 シヴボットの準備」9行目
誤:
「酋長」「貴族」「王様」
正:
「CHIEFTAN(酋長)」「NOBLE(貴族)」「KING(王様)」(以下、酋長、貴族、王様と記す)
ルールブック11ページ 「●9-1 シヴボットの準備」10行目
誤:
難易度カード
正:
難易度カード(白いマス目が15個記されたカード)
FAQ
シヴボットを導入してスタートする時は、シヴボットのカードからも戦争アクションの2枚のカードは抜き出して、技術レベルが2になってから戦争アクションカード2枚を加えるのでしょうか?
シヴボットは技術レベルが1であっても、戦争アクションを行えますので、わざわざ抜き出す必要はありません。
ソロの時も含め、シヴボット使用時の公開するワンダーの数は、プレイする人数に合わせるのでしょうか?
公開するワンダーの数はプレイする人間の人数に合わせてください。シヴボットは数えません。
ゲームの準備のとき、シヴボットが世界地図上にキューブを配置する順番は?
手番順表の順番で、プレイヤーが先に行います。その後、シヴボットが難易度の高いほうから順に行います。
シヴボットが世界地図上にある最後のキューブを失うことになった場合、失えるのか?
はい、取り除きます。そしてそのシヴボット文明は全滅し、二度とこの世界には現れません。
ヒストリアのコンポーネントに関する補足説明
1)時代マーカー(ポーン)の色がルールブック掲載の色(緑と青)と違い、白いポーンが2個入っています。
2)箱裏のコンポーネントの「得点/手番マーカー12個」とありますが、正確には「得点マーカー6個と手番マーカー6個」です。ルールブックの表記のほうが正確です。
3)ルールブックの1ぺージ目のコンポーネント欄にある「シヴボットカード7枚」のうち、他とデザインが異なる1枚(下記)はシヴボット用の「難易度カード」です。
KING=王様
NOBLE=貴族
CHIEFTAN=酋長
と読み替えてください。
4)本ゲームは1〜6人用です。そのため、アクションカードは6人分(カードバックが6色、各10枚)あります。いっぽう、アドバイザーカードは7人分(7文明ぶん。1文明につき5枚)含まれています。そしてうち2人分(スペインとエジプト)はカードバックの色が同じ緑色となっています。これは、緑のアクションカードを使用するプレイヤーがどちらかの文明を選べるということになります。緑プレイヤーがアドバイザーカードを2人分(10枚)使用できるというわけではありません。

©2010-2015 Arclight, Inc. All rights Reserved. ※当サイトに使用されている画像などの無断転載を禁止します。