R&R Station 通販店へ https://arclightgames.jp/のサポートページへ

製品情報海外ゲーム日本語版究極の人狼 異端審問 完全日本語版

究極の人狼 異端審問 完全日本語版
メーカー:bezier Games デザイナー:Legend Dan Hoffman 原題:TED ALSPACH'S ULTIMATE WEREWOLF INQUISITION

「究極の人狼」メーカーが出す、さらに進化した新システムの人狼!

ボックス写真
プレイ人数3〜12人
プレイ時間30~60分
難易度★★☆☆☆
本体価格¥3,000
サイズ170×130×35(mm)
重量250g
発売月2014年02月

このゲームは二重構造になっている人狼ゲームです。プレイヤーは村の外部から召集された異端審問官となります。この村には人狼が紛れているというのです。プレイヤーは、この村(伏せカードからなっています)に隠れた人狼をリンチによって退治しなければなりません。

しかし、異端審問官であるプレイヤーの中にも、人狼が隠れているのです。彼らの目的は、村にいる人狼を救うこと。そのため、いろいろなミスディレクションを行って、リンチの対象を一般人に誤誘導しようとします。この村の一般人も人狼カードと同様伏せカードになっており、どのカードが人狼なのか分かりません。

プレイヤーは昼に行うアクションにより、カードを覗き見ることができますが、人狼プレイヤーは夜に、一部のカードの置き場を交換できます。また、リンチの投票は自由に行えず、投票キューブが必要になります。この投票キューブも、昼に行うアクションで得られますが、プレイヤーは昼に1つのアクションしか行えません。

このほかにも細かい仕掛けがいろいろあり、従来の人狼ゲームとはかなり違った印象を受けるはずです。さらにこのゲームはゲームマスター役も必要なく、3人からプレイ可能で、普通の人狼をプレイするには人数が足りないなと思ったときに最適。そのうえプレイヤーは誰も脱落せずにゲームが終了するので文句なし!

これはさらに進化した新システムの人狼と呼べるでしょう。

コンポーネント

審問官カード 12枚小屋カード 19枚
住民カード 19枚大審問官コマ 1個
投票キューブ 50個ルールブック 1冊
写真
 

関連商品

©2010-2015 Arclight, Inc. All rights Reserved. ※当サイトに使用されている画像などの無断転載を禁止します。