GLOBO蘇我店 大会レポート

青黒6名、青黒緑4名、緑単3名、白単2名、青単2名、その他7名。

青黒、青黒緑と青黒系統のデッキが最大勢力となっています。中でもエヴォルシード搭載のデッキが大半となっていました。また、プリニーを使用したデッキも多くエヴォルシード関連にならぶ使用率でした。




大会独特の緊張感があり、各所で試合時間ぎりぎりとなる熱い戦いが繰り広げられていました。




【ESプリニー】長谷部 健太 vs 鈴木 力【黒緑プラセクト】 先手長谷部からゲームスタート。序盤は互いに3コストIGバニラでたたき合う静かな滑り出し。
長谷部はIGを先攻2ターン目から積極的に仕掛けていく。ここでIG成功し長谷部は1点ダメージを与えることに成功する。
鈴木もIGを行い成功するがヴォイドブリンガーだったためうまく盤面を返せない。
長谷部は続きターンもIGを行い成功させる。さらに1点ダメージを与えるが、鈴木のライフからライフリカバリーが登場!
しかし長谷部は攻め手を休めず、2コストゼクスを展開し鈴木のライフを2点にする。
鈴木は3枚のチャージをフル投入し、IGを行い2回成功するが1枚がまたしてもヴォイドブリンガーのため非常に苦しい。ここで盤面を4面埋めて返すに留まってしまい、長谷部のライフまで手が伸びない。
長谷部は鈴木の硬い盤面を崩すべくIGを行う。ここで《廃墟の魔人ルイーナ》が!
追加でのIGは失敗するも鈴木の硬い盤面に穴をあけることに成功する。
そのまま一気に攻勢に出て残った鈴木のライフをもぎとり決着となった。




【ESプリニー】長谷部 健太 vs 三橋 純岐【青黒マーメイド】
先手長谷部でゲームスタート。長谷部は《一休みするプリニー》で三橋のスタートカードを割っていく。
三橋は《レーザーサイス アヴィオール》で長谷部にIGを行わせないように動いていく。
長谷部は手札に戻されたプリニーを出し直して確実にアヴィオールを割っていく。
三橋はさらにアヴィオールを投入し徹底してIGを制限していく。
長谷部は思うようにチャージが溜まらずうまく動けない展開となるがプリニーで確実に2枚目のアヴィオールを割りに行くがここで三橋は《臨戦態勢のアサギ》の効果を使用する。しかし長谷部は《抹消機械イレイス》を投入しアヴィオールはきっちり撃破する。
三橋はIGを成功させ《奏流フロート》を出していく。さらに《修練生ノンノ》を投入しイレイスをPS隣接スクエアから遠ざけフロート&ノンノで先制の1点ダメージを与える。
長谷部はやっとチャージにカードが置かれたため早速IGを行うがここで《途惑いの少女アリス》が。トラッシュの無い長谷部には今意味のないカード。めげずに追加でIGを行い《金字変形トライゴルド》のエヴォルシード効果でデッキトップ3枚を積み込む。そして三橋のがら空きのPSに《一休みするプリニー》で1点与え、自身のPSにはプリニーを出しノンノを処理するとともに自身のライフを守っていく。
三橋はIGはミスしたものの《貫通機械ペネトレイト》を投下しフロートと併せてさらに1点ダメージを与える。
長谷部はトライゴルドで積み込んでいるため確実なIGを行う。ここで《奈落の魔人アビッソ》が登場。さらにトライゴルドがヒットしてさらに積み込んでいく。そして追加1回でプリニーが追加されアビッソと併せて2点ダメージを与える。さらにイレイスと《史上最弱!主人公プリニー》でペネトレイトを撃破しターンを返す。
三橋は3回IGを行いアヴィオールを盤面に出す。そして《滅獄竜デスティニーベイン》をPSに出してターンを返す。
長谷部は《剣帝神器サイクロトロン》でデスティニーベインを破壊しにかかるが三橋はデスティニーベインの効果を使い長谷部のゼクス3体を破壊する。
サイクロトロンが邪魔な三橋は撃破すべくIGを行う。《鋼鉄の尖塔ラケーテ》が盤面に登場。さらにデスティニーベイン2体目を追加しサイクロトロンを処理。
長谷部はIGを行いヒットするも三橋が出したデスティニーベインがいるためここでIGの追加実行をしばし考える。
考えがまとまった長谷部はこのままIGせずにIGで出したゼクスでデスティニーベインを攻撃する。
ここで三橋はデスティニーベインの効果を使用。
長谷部はさらに《係長スケルタルセールス》を出しアルターフォース効果を使用し《途惑いの少女アリス》を盤面に追加!これでデスティニーベインを撃破し、アビッソを追加投入し三橋の最後のライフに手をかける。
三橋のライフからライフリカバリーは出ずこれで決着!




沢山のご参加ありがとうございました。