日本橋2′s店 大会レポート

デッキ分布としては同数三人の方が最新弾から「超無窮螺旋ヘリカルフォート」「大地の爪甲 ノーブルグローヴ」、Vジャンプから「十二使徒 白羊宮マルキダエル」「七大罪 驕傲の魔人スペルビア」と新規カードを使った方がかなり多い印象でした。
中でも「十二使徒 白羊宮マルキダエル」は前情報からかなり評価されており、環境を取れるカードと思われます。
このカードの登場と共に、「魂を結ぶ天使リアン」の値段が上がってきているのも期待の前触れと思われます。

特にアクシデントもなく、順調にラウンドをこなして頂きました。全体的に黒が絡んだデッキを選択される方が多かったように思います。

新作が出てから数日ですが最新弾のカードを上手く使ったデッキが勝ち残っておりました。

決勝卓は「黒緑ノーブル」と「青黒アセディアソリトゥスイェーガー」の試合になりました。
前半緑黒側は前のめりに押していくものの、青黒側はバウンスで対応していき、イグニッションを徹底していきます。
緑黒側を丁寧にコントロールし、そのまま中盤までもつれ込みました。
終盤、「孤影の幽囚ソリトゥス」をキャストしてから黒緑側は防戦一方となり、押し返すことが出来ず勝負が決まる形となりました。





沢山のご参加ありがとうございました。