所沢店 大会レポート

極端なデッキの偏りは無く、強いて言うならば黒緑青と黒単が多かったです。 半数の方がデッキに青を絡められていて、青のカードパワーの高さを伺えました。 その他、白単などの独創的なデッキもございました。


参加人数が14名と言う事もあり、終始和やかなムードで行われました。対戦が終わった後もフリーで対戦したり、「プレイングの話」や「新弾のBOXを剥いてどうだったか?」などのコミュニケ―ションも盛んに行われておりました。

顔見知りが上位卓に集まっていたので、開始前は和やかな会話が行われていました。しかし、試合が始まるとその空気も一変し真剣な顔つきで対戦が行われておりました。


ソラ様(黒単) VS ゼンソク様(青緑) 開始数ターンはテンポ良く、無駄の無い動きで自分のターンを終わらせ、相手ターンへ。 その序盤の均衡が崩れたのはソラ様が攻め始めた時でした。
しかし、ソラ様がプレイしたゼクスを、ゼンソク様が「青」特有のバウンスで捌いて、逆に素早く展開し2ダメージを与えます。このまま、ゼンソク様が押し切ってしまうのかと思いきや、ソラ様「デッドエンドダーツ」で万事休す!ソラ様も「神の創造主アルル」を起点に反撃に出ます。
この感じで押し返すかと思いきや、ゼンソク様は「修行中の跋難陀」「八大龍王 跋難陀」を駆使してかわして行きます。この際、デッキが無くなりゼンソク様のライフは3に。 そして、「五頭領 天眼忍者ウェアジャガー」でアタック。ソラ様残り1ダメージ。何とか「デッドエンドダーツ」やゼクスでプレイヤーを守りラストのダメージを防ぎます。
しかし、最後は「五頭領 天眼忍者ウェアジャガー」からの「ソードスナイパーリゲル」で勝負あり。第二回ホビスティック・サーガの優勝はゼンソク様! おめでとうございます!!
決勝後にソラ様へ「どこがキツかったですか?」と尋ねたところ 「序盤のバウンスがキツかった。黒にバウンスはキツイ!」と仰られておりました。 ソラ様、惜しかったです!!

沢山のご参加ありがとうございました。