大会レポート

名駅店大会レポート

大会スタート

大きなイベントという事もあり、大会参加者の興奮と熱気で、会場が大きくざわつきながらのゲーム開始となりました。

参加者の大まかなデッキ分布

・赤緑ソリューション
・禊萩難陀
・赤単ローリエ
・白単フロン
・黒緑コントロール
・マイスターレンジ
・ダンサーインフェクト

最終戦

最終戦はデッキアーキタイプが同一のミラーマッチとなりました。 (先行ちゃっぴぃさん「ダンサーインフェクト」VS後攻マツダさん「ダンサーインフェクト」) 決勝戦は今流行りのアーキタイプ【ダンサーインフェクト】のミラーマッチに。先に攻めることができた方の勝ち、ゲーム開始時から激しい闘いになることが予想された。
序盤はお互いにIGをヒットさせつつも相手のライフを減らすことはできず静かな立ち上がりに。4ターン目にはお互いに《滅獄竜デスティニーベイン》を投げつけ合う様式美を見せつつも試合が動いたのはその次のターン、先行のちゃっぴぃ選手が《舞踏骸骨スケルタルダンサー》をリソースにセット。既にリソースには《思希者アマディウス》がいたのでリソースリンク成立、トラッシュから《貫通機械ペネトレイト》をプレイし登場時効果で後攻マツダ選手の《滅獄竜デスティニーベイン》を破壊する。《貫通機械ペネトレイト》で相手プレイヤースクエア(マツダ選手)のゼクスを破壊すると、手札から《汚染機械インフェクト》をプレイ、ターン終了時にはゲームから除外されてしまう「ペネトレイト」を手札に戻し「ダンサー」のデメリット効果を無効化するというファインプレーを見せつつ相手のライフを1点減らしターンを返す。後攻のマツダ選手は先にライフを失い苦しい展開になったかと思われたが、マツダ選手も《舞踏骸骨スケルタルダンサー》をリソースにセット、リソースリンク成立でトラッシュの《貫通機械ペネトレイト》をプレイしちゃっぴぃ選手のゼクスを破壊する。その後のイグニッションフェイズでイグニッションを2回ヒットさせると、「ペネトレイト」で相手プレイヤースクエアのゼクスを剥がし、イグニッションを成功させたゼクスで相手のライフを一挙に2点ももぎとる。これで攻撃が終わるかと思われたがここでダンサーインフェクトの真骨頂を発揮する。後攻マツダ選手は手札から《奏流フロート》をプレイ、既に攻撃済みの「ペネトレイト」と「フロート」の位置を入れ替えダメ押しの3点目を与えると、さらにマツダ選手もプレイヤースクエアに《汚染機械インフェクト》をプレイし、「ダンサー」で釣り上げた「ペネトレイト」を手札に回収するというファインプレーを見せターンを終了する。ちゃっぴぃ選手のライフは残り1、対するマツダ選手は残り3、こうなるとちゃっぴぃ選手は苦しい闘いを強いられる。返しのイグニッションをヒットさせるもマツダ選手のライフを減らすことはできず、プレイヤースクエアに《貫通機械ペネトレイト》をプレイし、自軍プレイヤースクエアに隣接されているゼクスを処理するだけに終わる。返しのマツダ選手のターン、リソースに《舞踏骸骨スケルタルダンサー》をプレイ、トラッシュから《碧の狩人フィーユ》をプレイし「フィーユ」の登場時効果で《滅獄竜デスティニーベイン》を手札に引き込み、後のイグニッションで《命の回収者シュラハト》をヒットさせ、更にトラッシュの《奏流フロート》を回収。万全の態勢を作ると「フィーユ」で相手の「ペネトレイト」を破壊、「シュラハト」で相手のライフを攻撃しゲームは終了となった。《舞踏骸骨スケルタルダンサー》から怒涛の攻めを見せた、後攻マツダ選手の勝利で決勝戦は終了した。
《舞踏骸骨スケルタルダンサー》を駆使したライフの奪い合いに観客も息を呑む展開 となり、盛り上がりを見せた決勝戦だった。


参加してくださった皆様ありがとうございました。