大会レポート

GLOBO蘇我店大会レポート

デッキ分布とカード傾向

最多数勢力は「ビックマナ」となっており、続いてブレイバー系統のデッキとなっておりました。また「コンテスト」デッキ使用者も2名おりました。

新作である「覇者の覚醒」収録のカードが散見しており、特に《五頭領 天眼忍者ウェアジャガー》、《七大罪 暴食の魔人グラ》は人気が高く「ビックマナ」使用者はほぼ採用するほどでした。

準決勝ピックアップ

対戦カードは「白黒緑グッドスタッフ」vs「青黒緑ベインダンサー」
この対戦カードは知り合い同士でのマッチングとなりました。
普段から対戦を重ねているようで互いに手の内は知っている様子。
立ち上がりは緩やかで互いにカードの投げ合いをして迎えた6ターン目。
「舞踏骸骨スケルタルダンサー」の効果から1点のダメージまで入り、ターンを返します。
負けじとイグニッションを行い2点のダメージを与えターンを返します。
しかし、8ターン目イグニッションと《碧の狩人フィーユ》を絡め体制を整えながら盤面を返しターンを渡す展開となります。
そして迎えた10ターン目に大きく動きが!《奏流フロート》を絡めた連続攻撃でとどめを刺しに行きます。しかし流石にこれは防がれターンを返します。
運命の11ターン目このターンに相手を倒さないと厳しい展開となりました。
じっくり戦況を見て盤面を返すことには成功したものの相手を倒すには至らずターンを返します。そして12ターン目にはしっかりとどめを刺され決着。
「青黒緑ベインダンサー」が決勝にコマを進めます。

決勝戦

白黒緑エヴォルシード」vs「青黒緑ベインダンサー」
なんと「白黒緑エヴォルシード」ここまですべて階段卓のマッチングとなりそのすべてをなぎ倒しての決勝を迎えております。
先攻は「白黒緑エヴォルシード」
初ターンはドローゴーから相手は2ターン目に順当に《レーザーサイス アヴィオール》でイグニッションを封じながら盤面を返していきます。3ターン目無難に返すも、4ターン目にはイグニッションを絡めながら《レーザーサイス アヴィオール》を追加して1点ダメージを与えるに至ります。5ターン目には盤面をすべて除去しターンを返すものの6ターン目イグニッション2回ヒットし2体の《伝説の魔人 百騎兵》が盤面に送り込まれさらに1点のダメージを与えます。
 流れを戻したいところで迎えた7ターン目。イグニッションで《霊獣オーラゲンブ》をめくりエヴォルシード発動!盤面を返し《騒がしいポルターガイスト》を守りに追加してターンを返します。迎えた8ターン目に《騒がしいポルターガイスト》を《伝説の魔人 百騎兵》で倒すも、効果で《廃墟の魔人ルイーナ》が落ちて除去される流れに。
しかしここは攻めろと追加を投入して1点ダメージを与えるもここで「ライフリカバリー」が発動し流れが戻る気配がし始めます。
 そして迎えた9ターン目。反転攻勢とばかりにイグニッションを成功させ、さらに《春雷の大身槍 芹》を投入し2点のダメージを与え、イーブンにすることに成功します。
流れを戻したい中迎える10ターン目。《思稀者アマディウス》の効果で手札交換を行いイグニッションに移行。ここで怒涛の3ヒット!《途惑いの少女 アリス》《命の回収者 シュラハト》《伝説の魔人 百騎兵》をヒットさせさらに《滅獄竜デスティニーベイン》を投入しターンを返すことに成功します。
《滅獄竜デスティニーベイン》をなんとかしたいものの11ターン目には触ることかなわず12ターン目には《舞踏骸骨スケルタルダンサー》の効果で《貫通機械ペネトレイト》を送り出しとどめにかかるものの《月影葬送牙》で止めてダメージは受けずに13ターン目を迎えます。ここが踏ん張りどころとばかりにイグニッションで《奈落の魔人 アビッソ》《廃墟の魔人 ルイーナ》×2さらにエトナをヒットさせ《アイドルを目指す バーベナ》と《獣人ウェアヘッジホッグ》で《滅獄竜デスティニーベイン》を捌くことに成功!
 14ターン目にイグニッションで《奏流フロート》が2枚盤面に投入されます。ここに《汚染機械インフェクト》を投入しPSに穴をあけさらに《奏流フロート》を手札に戻します!
戻した《奏流フロート》を出してそのまま残った2点を削りきり決着!
5時間近い大会を制し「青黒緑ベインダンサー」が優勝!


参加してくださった皆様ありがとうございました。