名駅店オールスター大会レポート

今回の名駅店のホヴィクロスパーティーは最近始めた初心者の方からウィクロスセレモニーで顔を見たことのある上級者の方まで沢山の方にお集まりいただきました。
大会が始まり対戦が始まると真剣モードでプレイ。ルリグ分布を調べるためにテーブルを回っていると、キー登場前から猛威をふるっていた「カーニバル」「リワト」キー環境に入って強化された「グズ子」が人気の中「カーニバルQA」や「メル=ミモザ」など普段の大会であまり見ないレベル4ルリグも見受けられ白熱した戦いに思わず目を奪われることもありました。
皆様自分の対戦が終わると対戦相手の方と反省会を行うなどの交流もあり和気あいあいと大会は進行していきました。

・ハナツカ選手【ウムル】VSひろつん選手【メル】の決勝戦
序盤。ひろつん選手の優勢。《コードイート フラポテ》と《コードイート ツナマヨ》でアドを稼ぎながらエナゾーンにアクセ持ちのカードをためていき、《コードイート トンカツ》の効果でハナツカさんの盤面を処理してライフを削っていきます。一方のハナツカ選手。低レベルのシグニを引けず「やばい」と声が漏れます。3ターン目、《羅星 リンゼ》の効果で手札交換をして反撃の準備を整えます。
中盤。ハナツカ選手ライフ0、ひろつん選手ライフ5でむかえた4ターン目。ひろつん選手が《メル=ミモザ》にグロウ。《コードオーダー ウェディング》や《幻水姫 ダイホウイカ》を3面並べるためにバニラルリグの採用でしょう。アタックフェイズに入り、ハナツカ選手、手札にサーバントも無くたまらず《クトゥル・アビス》を使用して防御。ハナツカ選手は《共闘の鍵主 ウムル=フィーラ》にグロウし、同時に《差し伸べし者 タウィル》をアンロックしました。
その後ひろつん選手は《メル=スピリタス》にグロウ。《コードオーダー ウェディング》《幻水姫 ダイホウイカ》を駆使して攻めますが、ハナツカ選手の《クトゥル・コール》や《差し伸べし者 タウィル》のエクシード効果によって防がれてしまいます。ハナツカ選手は《永らえし使 リワト=エナ》にグロウ。《聖墓の神妹 ナキールン》の効果で《天空の主神 ゼウシアス》を持ってきて攻めに転じます。ひろつん選手も《メル=スピリタス》のコイン技や《決闘文具》や《金剛不壊》《水天一碧》で守りますが徐々にライフが削られてしまいます。
終盤。ライフは両者ともに0。ひろつん選手手札1枚エナ5枚盤面0の状況でハナツカ選手の《天空の主神 ゼウシアス》の1点ダメージを受けない方法を模索します。《メル=スピリタス》の効果でエナから《コードオーダー ウェディング》を場に出し、更にエナから《コードイート キャビアラ》をアクセして1面処理、《暴風警報》を使用し残りのシグニの攻撃を無効化、《天空の主神 ゼウシアス》の効果を場のシグニ1体をトラッシュに置くことで回避しました。
ひろつん選手のターン手札0枚で引いたカードはなんと《幻水姫 ダイホウイカ》と《コードオーダー ウェディング》。《コードイート ツナマヨ》を《コードオーダー ウェディング》にアクセ。エナに《コードイート メダマヤキ》がおかれ、これも《コードオーダー ウェディング》へアクセ。正面が空いているところに《幻水姫 ダイホウイカ》を出しアタックフェイズへ。アーツもエクシードも撃ち切っていたハナツカ選手。万事休すかと思いきやトラッシュの《ドライ=ラミア》によって《幻水姫 ダイホウイカ》を処理して耐え、回ってきたターンでとどめを刺し、ハナツカ選手の優勝が決定しました。
勝負を分けたのはひろつん選手の最後のターンです。《コードオーダー ウェディング》を正面が空いているところに配置するか、《コードイート メダマヤキ》を《幻水姫 ダイホウイカ》にアクセしていれば《コードオーダー ウェディング》でパワーが上がり《ドライ=ラミア》の効果でも処理されず、ひろつん選手の勝利でした。 たったそれだけの差で勝敗が変わってしまうほどの接戦でとても面白い決勝戦でした。

沢山のご参加ありがとうございました!