池袋本店 キーセレクション大会レポート

今回の池袋本店のホヴィクロスパーティは現時点で使用率の高い翠子やグズ子に偏ることなく、「レイラ 3名」「ピルルク 2名」「翠子 3名」「グズ子 5名」というデッキ分布での開催となりました。
使用可能ルリグが4ルリグということもあり、ミラー戦となる卓もありましたが、シグニの採用数やアーツの違いなどによる微妙な差が対戦結果に大きく響いたようで、対戦中にも大変賑わいを見せておりました。
3日に開催したオールスターレギュレーションで開催したホヴィクロスパーティにも参加して頂いた方も見受けられましたが、 キーセレクションから新しく始めたという新規の方も参加されていました。
中にはオールスターもやろうよ!とお誘いをしている方もいて和気あいあいとした雰囲気の中、大会を進行することができました。


fana選手【グズ子】 VS わっく選手【翠子】での決勝戦となりました!!
お互い使用率の高いルリグ同士の戦いで、決勝戦は終始手に汗握る攻防を繰り広げておりました。先行をとったのは翠子デッキ使用のわっく様でした。
序盤からコダマでエナを稼ぎつつ、ドワフ効果でシグニをバウンス、さらにはアルラウネの出現時効果で打点を上げたシグニでガンガンせめていきます。
先行2ターン目でわっく様がライフクロスをクラッシュした際に、fana選手の”海の鉤爪キャプテン・フック”がめくれライフバーストが発動します! シグニ2体をダウン凍結し、ルリグの攻撃宣言を受け、悩んだ末に攻撃を通します。しかしそこでめくれたのが苦しくも”2枚目のキャプテン・フック”。デッキトップのコントロールを可能とするグズ子は”ママ♡MODE LOVE”や”生生流転”で任意のタイミングでキャプテンフックを埋めたかったところ…
アルラウネも展開されており、早打ちの大願成就を仕掛けるような動きでfana選手を威圧するプレイを見せるわっく選手。わっく選手がLv4にグロウするころにはfana選手にライフクロスは0枚に・・・
しかし、fana選手がLv4にグロウすると状況は少しずつ変わってきます。インサイダーサルベージでグズ子デッキの主軸でもある”超罠 J・リッパー”を回収。その後”ドーナ CHEER”を発動!! リッパー2面に中央に大罠 ジャバウォックを展開!
リッパーの出現時効果でパワーマイナスをかけていきますが、翠子のパンプ効果によりわずかに届かず・・・
ドーナ CHEERでリッパー1体にバニッシュ耐性をつけながら猛攻撃を仕掛けていきます。さらにJ・リッパーのアタック時宣言効果がことごとく的中し、一気にわっく選手のライフクロスをクラッシュしていきます。黒シグニのJ・リッパーを回収したことでルリグデッキに戻っていたインサイダー・サルベージを使用し、再度リッパーとジャバウォックで同じように攻撃を仕掛けていきます!
たまらず、わっく選手は”ドント・リブミー”でその場をしのぎます!! わっく選手も仕掛けます。
温存しておいた大願成就を使ってfana選手のシグニを3体トラッシュに送り、フィニッシュを狙います。その攻撃に対し、fana選手は”イノセント・ディフェンス”を発動し、ルリグアタックを防ぎつつ、リッパーとジャバウォックを回収! シグニ攻撃はドーナ CHEERのエクシード効果で見事に防ぎきります。しかし、このままだと防御札がないように思えるfana選手・・・
その後、ドーナ CHEERをトラッシュに送りミミッキュをデッキから回収! 3枚ドローのあと、3枚をデッキトップに戻しママ♡MODE LOVEを発動し、ライフクロスを1枚回復!
しかし、序盤でキャプテン・フックが2枚めくれてエナゾーンに見える状況でのライフクロス回復は延命行為にすぎないのでは!?と思いつつ、わっく選手もキャプテン・フックは2枚しか入っていないと予想し、猛攻撃を仕掛けます!!
わっく選手の勝利が見えた矢先、なんと3枚目のキャプテン・フックがめくれギャラリーが沸きます!! ママ♡MODE LOVEも合わせ、絶対的不利な状況を見事に打破!!!!
その後、fana選手の猛攻に対してラストアーツの焚骨砕身だけでは防ぎきれずにゲームエンドとなりました。

沢山のご参加ありがとうございました!