秋葉原3rd店キーセレクション大会レポート

今回参加された方は16名、内訳を見ると常連のお客様が主でしたがキーセレクションから一緒に始めたというグループもおり新弾への期待がうかがえました。
大会が始まると一転して皆さん真剣な表情に。始めたばかりの方と当ったときは説明をはさみつつゲームを進めており、プレイヤー間の交流も盛んでした。
大会の使用分布はグズ子7/翠子5/レイラ2/ピルルク2という感じでした。アーツによる大量破壊が可能な翠子と、デッキトップを活用した除去、そして「インサイダー・サルベージ」を用いた回収が強力なグズ子が環境を占めているものと思われます。


決勝はサトウ選手【グズ子】vsわっく選手【翠子】!
わっく選手は序盤から「コード・ピルルク KEY」や「大願成就」を用いて速攻を仕掛けに行きます。対するサトウ選手はライフバーストで相手をいなしつつ、除去能力とコイン技【ダイレクト】でカウンターを狙いに行きます。お互いにレベル4へグロウした時点で両者のライフクロスは0枚。ここから戦いはさらに緊迫していきます……!
わっく選手はイバラヒメとクラフトアーツを用いて尚も攻め立てます。これをサトウ選手は「ドント・ムーヴ」や「イノセント・ディフェンス」を使いダメージを0に。
更に翌ターン、サトウ選手は「インサイダー・サルベージ」で「ミミック」を回収&プレイ。 デッキトップを調整した後に既についていた「異体同心 華代」をトラッシュしライフクロスを補充。 空いたところに「ママ MODE LOVE」をセットし後のターンに備えます。
その次のターン。わっく選手はコイン技【テンタクル】で封印しつつ残った2面を除去しアタックしますが、 ここで先程セットしたライフクロス「超罠 J・リッパー」が発動! この動きにわっく選手は「マジかー!!」と頭を抱えてしまいます。 サトウ選手は次のターンに再び「インサイダー・サルベージ」で「超罠 ダークアリス」を回収。 除去をしつつテンタクルで防がれていない2面で勝負を決めにいきます。
わっく選手、ここで最後のアーツ「ドント・リブミー」をコインベットで使用! 手札をすべて使い切った攻撃を完封されダメージを与えられなかったサトウ選手はその次の3面アタックを防ぐことができず決着。
息の詰まる激闘の末、わっく選手が今大会の覇者となりました!

沢山のご参加ありがとうございました!