GLOBO蘇我店オールスター大会レポート

参加者使用ルリグ:タウィル、花代、カーニバル、ウリス、メル、アイヤイ、ピルルク、イオナ各1名

リワトの使用が多くなるかと予想されたものの、参加者全員ルリグ被りなしという大会になりました。
それぞれの推しルリグで大会に参加しているためか、和やかでありながらも真剣な場面もしっかりある大会となっていました。

スタッグ選手【リワト】 対ヴァン選手【遊月】
スタッグ選手先攻で試合開始。互いに立ち上がりは静かなもので、後半に詰めるデッキかと思われたが、ヴァン選手の3ターン目に勝負は動いた。
《幻竜ダハーカ》を出し、自身の最後のライフをクラッシュ。そこから《龍炎の昇拳》《大火の轢断》でライフをクラッシュしていく。《グレイブ・クラッシュ》を絡めて《大火の轢断》と《断罪の轢断》でスタッグ選手のライフを0にした。が、トドメの1点ダメージが出ない様子。スペルでクラッシュしたライフから《》が出ており、ルリグはダウン状態。エナは潤沢なため、シグニでの攻撃はアーツで容易に防がれる可能性が高い。あと1点を出すために、《スピリット・サルベージ》から《ドロー・フォー》を拾い使用。さらに《火竜一閃》も使用するもスペルでのトドメはさせない模様。仕方なく3面シグニを展開し、《捲火重来》でエナを削ってアタックに入るも、《水天一碧》で守られてしまい、返しのターンで決着。スタッグ選手勝利となった。

沢山のご参加ありがとうございました!