南越谷店 大会レポート

試合後も試合前も皆様知らない人同士でもデッキ内容の相談やプレイング等の会話が多く、大変雰囲気の良い大会となりました。 一試合目終了後からサイドイベント開催でしたので、それに合わせてドロップされる方も多く、皆様に本戦サイドイベントともにご参加いただき楽しんでいただけたかと思います。

最近の流行である遊月と花代のデッキが多く、遊月VS花代が多く見られました。準決勝でも同様の対戦があり、より効果的なカードをプレイすることができた、花代を使用したプレイヤーが決勝へ進む形となりました。 また、そんな激戦の中、使用人数が少なかったウリスデッキが決勝に進出するという大どんでん返しをみせ、上位卓にふさわしい盛り上がりを見せました。

カンザキさん(ウリス)VSココロさん(花代)
先行ココロさん 後攻カンザキさん
序盤はお互い中盤から後半へ向けての準備などを行いつつ、相手のライフクロスを削ったり、シグニを展開したりなど、盤面の安定を優先しての試合展開でしたが、中盤のラストに差し掛かる所でココロさんが手札をほぼ使い切る形で勝負にでました。
ここで決着が着くか!?と思われましたが、ここまで残ってきたカンザキさん、 猛攻を凌ぎきり、ターンを返すことになりました。
その後も長い攻防が続き、制限時間が近づいていることや勝負を決められなかったこと、ギリギリで耐えたこともあり、お互い焦りの色が見え始めました。 それに伴い、プレイングミスが目立ち始めましたが、終盤カンザキさんがメツムを使いデッキを七枚破棄したあとバイオレンス・ジェラシーを使いメツムを回収、シグニのチャームをトラッシュに送りバイオレンス・ジェラシーを回収したのち、再度メツムを使うといったループを行い、ココロさんのデッキをどんどん破棄させ、リフレッシュの処理でライフクロスを0枚までクラッシュさせました。ココロさんはエナがなく手札も使い切ってしまっていたのでラストルリグアタックが決まり、カンザキさんの優勝が決定しました。

沢山のご参加ありがとうございました!