名古屋店 大会レポート

普段、当店の大会に参加してくれているWIXOSSの常連様は勿論、Z/Xの常連様や、遠方からの参加でWIXOSSの大会自体が初めての参加のお客様、これを機会にWIXOSSをはじめた方など、いつもとは違った雰囲気の大会となりました。WIXOSSに慣れ親しみのない方も多い大会となりましたので、不安な面もありましたが、大きなトラブルもなく多くのお客様にWIXOSSを楽しんでいただけたのではないかと思います。


使用率こそ下馬評通り遊月が1位でしたが、キャラ人気の高いタマやウリス、13弾で強化され人気を集めているサシェ、11弾環境から引き続き猛威を振るう緑子、いつの時代も強い花代の速攻デッキなど上位卓で大きな偏りは出なかったため、様々なデッキタイプが活躍できる、非常に良い大会環境だったのではないかと考えます。

決勝戦はりくさんの花代爾改デッキ対英貴さんのサーバントZと植物シグニを軸とした緑子デッキの対戦となりました。花代側のりくさんは、修復での回復やサーバントZを起動される4ターン目までに相手を倒さなければならず、緑子側の英貴さんは、集結する守護や硝煙の気焔とアンモライトのコンボによる速攻攻撃を耐えながらレベル4にグロウし、 反撃しなければなりません。結果、英貴さんはなんとかレベル4にグロウできたものの、有名所の防御アーツが適切な処理で往なされてしまい、見事りくさんに軍配が上がりました。

沢山のご参加ありがとうございました!