大宮店 大会レポート

W参加賞の影響か、普段WIXOSSをやっていない方も、スターターを購入し参加している様子が窺えました。 大会中はジャッジを呼ばれるような事もなく試合が終わった卓もフリーを続けたり、デッキ構築の相談など試合後もお客様同士の交流があり、とても良い雰囲気の大会となりました。

上位卓マッチングは
ヤマ様「ピルルクΛ」vsココロ様「花代弐改」
シオ様「焦熱ウリス」vsなすび様「参止め花代」
最近大会で結果を残している花代が半数を占める状況。 そんな中予想を裏切り決勝へ駒を進めたのは「ピルルク」と「ウリス」 速効デッキに対して見事にルリグの持ち味を生かし、勝利を収めました。

決勝卓 対戦カード
シオ様(先行)ルリグ「ウリス」
ヤナ様(後攻)ルリグ「コード・ピルルク」
序盤は静かな立ち上がり。お互いに相手シグニへのアタックは選択せず、 ジワジワとライフクロスを削りあう。勝負が動き出したのは5ターン目。 シオ様が「三首の連打ケルベルン」を中央に配置 その効果により相手中央の「コードアートF・M・S」をバニッシュ。 ルリグアタックも通し、ヤナ様のライフを3枚まで削ります。 一気に流れをシオ様に持っていかれたように思われたヤナ様。しかし負けてはおらず 返しのターン「コードアートA・L・C・A」を中央に配置。効果で相手の両サイドを バニッシュし攻撃を通して反撃にうつる。
ここまでお互いにアーツは使用しておらす、ライフは3対3のイーブン。 状況は再び膠着状態に入る用に思われたが、ここでシオ様が仕掛ける。 「幻蟲ヘイケ」「明滅の罪雅ダエワ」「バイオレンス・ジェラシー」3枚のコンボにより 相手シグニをバニッシュ。更に「弱者の必滅ディアボロス」のアタック時効果により追撃をかけ、盤面を制圧することに成功。そのままヤナ様のライフクロスを全て削りきった。
盤面はシオ様が圧倒的に有利な状況へ。だがヤナ様もやられたままでは終わらない。 ピルルクの真骨頂ハンデスによる反撃を開始。「コード・ピルルクΛ」へグロウし 1枚ハンデス、更に「CRYSTAL SEAL」「RAINY」等のスペルを駆使し、シオ様の手札を0枚に。ハンデスにより流れを崩されてしまったシオ様。
「アイドル・ディフェンス」によりライフへのダメージは最小限に抑えたが、 アーツを最後まで温存していたヤナ様の守りは堅く、止めの一撃を決めきれない。 ここで大きくエナを消費してしまったシオ様。 それを見逃さず、ヤナ様が勝負を決めにかかる。 「コードアートC・L」でスペルを回収し、再びハンデス。 「コードアートH・T・R」「コードハートM・P・P」によるバニッシュでの盤面制圧。 シオ様のライフクロスを削りきった。
そして最後のルリグアタック。ハンデスによりサーバントを失っていたシオ様は アタックを防ぐことが出来ず、この瞬間ヤナ様の勝利が確定しました。

沢山のご参加ありがとうございました!