横須賀中央店 大会レポート

始まる前からかなりの盛り上がりを見せていて、定期的に行われるショップ大会では見られない盛り上がりでした。 横須賀中央店のショップ大会に出てくれている常連さん以外にも、新規参入勢や遠方からわざわざきて参加されている方もいらっしゃいました。

上位卓はデッキ分布で多かった遊月やウリス、ミュウが占めるかとおもいきや、デッキタイプはバラけていてどのデッキが勝ち上がってもおかしくないという状況でした。 4回戦目時点での全勝者はピルルク、遊月、真名マユ、アイヤイ、花代、ウリス、ミュウ でした。

決勝戦は2止め花代と火鳥風月遊月で友人同士の対決。

先攻は花代。1ターン目はエナチャージして1にグロウしてそのまま終了。

2ターン目後手の遊月もグロウ後に2枚配置して2点。ルリグアタックはガード。

3ターン目花代側は轟炎・花代・爾改にグロウ。羅石アンモライトとコードアートT・A・Pを配置し、ハンドを確認したうえで硝煙の気焔でT・A・Pを自らバニッシュして1面開けるとダブルクラッシュのついたアンモライトともう一体で3点をもぎ取る。ルリグアタックはサーバントでガード。

4ターン目遊月側はグロウ後に幻竜グリアナを2体配置して相手のエナを2枚削る。 ルリグアタック込みで2点取りそのターンは終了。

5ターン目花代側はSEARCHERからTHREE OUTをサーチしてハンド補充にかかる。場に残っていたアクアマリンを硝煙の気焔でバニッシュして1面あけてアタックするもルリグアタックの方は通らず1点止まり。この時点で花代側はシグニも配置していたためハンドは0。残りライフクロスはお互い3枚ずつ。

6ターン目遊月側のターンは花咲乱・遊月・参にグロウし、場に残っていたグリアナで相手のエナを削る。アタックフェイズに花代側がこのゲーム初のアーツのペナルティチャンスでハンド0から2ドローしハンド補充。

7ターン目に花代側は大きく動く。ブルーパニッシュで自分のハンドを1枚補充し、相手のハンドをランダムハンデス1枚。サーバントは落ちずかなり悩んだ様子でしたが、烈情の割裂で遊月側のエナを削り、一覇二鳥を使い相手のライフクロスを削りに行くもサーバントが残っていたため1点も取れずに終了と苦しい展開に。

8ターン目遊月側は火鳥風月遊月にグロウし、自分のライフクロスを割る。 ライフクロスから出たのは幻竜姫#スパザウス#。相手のシグニを1体バニッシュし、1面あけてさらに火鳥風月遊月の能力で1点。花代側がここでT・A・Pをライフクロスからめくり次のターンでライフを詰めるためにハンドからサーバントをハンデス。 遊月側はここで一連託生でデッキからエナチャージ2枚。 さらに紆余曲折を使ってエクシード1を3回使いエナチャージ3。

エナチャージでめくれたスヴァローグを見た遊月側はすかさず最後のエクシード1でスヴァローグを回収。相手のデッキ枚数を確認してさらにフォーカラーマイアズマでデッキをトラッシュに7枚落とすと同時に堕落の砲娘メツミを回収し場に出し5枚デッキからトラッシュに落とす。ここで遊月側のデッキがなくなりリフレッシュ。ライフクロスがなくなり0に。スヴァローグ、幻竜アパトを配置し、アパトの出現時効果で相手シグニをバニッシュ。遊月側は3体並び、花代側は2面+スヴァローグの効果で1面あけつつ殴れるため実質場は0体。花代側は絶対絶滅を撃っても負けが確定し、遊月側が勝利。

沢山のご参加ありがとうございました!