サンライズ蒲田店 大会レポート


:4名  :0名  :0名  :1名

:1名  :1名  :0名  :4名  :2名

:4名  :2名  :0名  不明1名  合計:20名

大会が始まる前はタマとイオナが大部分を占めると思っていましたが、蓋を開けてみると緑のデッキを使っている方が多く、その中でも5弾のLv5緑子を使っている方が多数いらっしゃいました。
タマを使っている方のほとんどが『紅蓮の巫女タマヨリヒメ』を使用しており、勝負を決めに行く際にLv5の『創世の巫女マユ』にグロウしていく戦術を取っていました。

試合が始まる前から参加者皆さんの熱気がスタッフにまで伝わってきていました。
試合開始後は皆さん優勝を目指して対戦を楽しみながらプレイしている姿が多く見られました。

上位卓でもタマやイオナ、ウリスを使っている方が多く、タマ・イオナのデッキはLv4までグロウしてアークゲインやクインなどを使い最後にマユにグロウし攻めており、ウリスのデッキはLv4『紅蓮の閻魔ウリス』の起動効果でシグニをバニッシュしたり、エクシードを使用して窮地を脱していたりしていました。

決勝はイオナデッキ(以降イオナ)対ウリスデッキ(以降ウリス)の戦いとなりました。

序盤はウリムやアステカなどでライフクロスを削っていっており、お互いのルリグがLv3にグロウした地点でイオナのライフクロスが4枚、ウリスのライフクロスが3枚という状況でした。

イオナのターンになりLv4『フルメイデン/イオナ』にグロウし、アステカ・キディラ・マズフェイスを場にだしアタック、このアタックを『アンシエント・サプライズ』を使用し2枚カードを出しガード、この時点でウリスのライフクロスが残り1枚に。

ウリスのターンになると『紅蓮の閻魔ウリス』にグロウし、アステカとルシファル2体を場に召喚しアタックフェイズに入ると、イオナがブラッディ・スラッシュで1体バニッシュしライフクロスをクラッシュ、ここで『コードラビリンスクイン』のバーストが発動し金字塔を手札に、このアタックでイオナのライフクロスが残り2枚に。

次のイオナのターンでLv5『創世の巫女マユ』にグロウしアラハバキとネクロノミコを召喚その後ヴィマナを召喚し効果を発動しシグニをバニッシュ、その後ウリスが『グレイブ・ガット』を使用して守りを固めますが、ライフバーストが出ずに試合終了となりました。

沢山のご参加ありがとうございました!