池袋本店 大会レポート


参加者:62名

優勝者デッキにも含まれる紅蓮タマ・第5弾のマユを使用した白単色、あるいは白黒が多くを占め、対抗として黒単色ウリスとピルルクACROが会場の中心になりました。
次いで緑単色緑子、白中心の多色(タッチ緑・黒)が多くみられました。
単色に近い赤花代・遊月も根強い人気があるようで一定数のデッキがありました。

本戦は定員を大きく超える125名の参加希望者が集まり、和やかな雰囲気ながら初戦から熱戦が繰り広げられました。1回戦開始後に開幕したガンスリンガーには抽選に漏れてしまった方を中心に、こちらも多くのお客様にご参加頂きました。
スイスドロー戦で長丁場のラウンドとなり、最終戦まで試合を戦い抜いたお客様はさすがにお疲れのようで、充実感と疲労感が織り交ざった様子でした。

お楽しみ賞のサイン色紙当選者は「ねへほもん」さん。
本戦終了後に抽選を行う、、と見せかけて、実は最終戦参加者にランダムの順番で配布した参加賞のストレージに当たり券が仕込まれている。という選出方法でしたが、楽しんでいただけたでしょうか。

3戦、4戦後の上位卓は白タマ、白黒タマ、黒単速攻型ウリス、緑単緑子デッキ、ピルルクACROが目立ちました。
いずれのデッキも長期戦となってもリソースが切れにくく、どの卓も粘り強い攻防がみられました。
そのためか、35分というやや長めの制限時間設定ながら、引き分け決着がいくつかのテーブルで発生し、4ラウンド目で全勝者同士の引き分けが発生したため、スイスラウンドは5回戦までで終了となっています。

4回戦の結果より、全勝で勝点12が2名、3勝1分で勝点10が4名という状況。
全勝同士の対戦が決勝卓となりますが、勝点10同士の対戦も組まれるため、決勝卓の敗者=準優勝とはならない、スリリングな最終戦となりました。

全勝卓が万が一引き分けた場合、5R終了時勝点13で複数並ぶため、そのときはプレイオフを行います、というアナウンスを挟んで行われた最終戦。
紅蓮タマ+マヤに緑の幻獣キジがアクセントとなっている白デッキを使用する「れーたン」さんはここまで1RピルルクACRO・2Rレベル3緑子・3Rレベル3緑子・4Rレベル3緑子とかなり極端な組み合わせが続いていましたが、5Rの相手は「りんりん」さんのピルルクACRO!
もう一方の勝点10点同士、「みかど」さんと「うーさー」さんの試合は「みかど」さんの黒単速攻ウリスが電光石火の試合運びで勝利を決め、この時点でオポネントにより2位またはプレイオフが確定する中、制限時間残り5分以下となる熱戦の決勝を制したのは「れーたン」さん!見事5戦全勝で優勝を決めました。

沢山のご参加ありがとうございました!