川崎店 大会レポート


白:9名   赤:3名   青:8名

緑:7名   黒:17名    合計:44名

上の分布を見ると、黒のデッキを使ってる方がとても多かったです。その中でもイオナデッキの方が7割とかなり人気が伺えました。
次に多かったのが白のデッキで、太陽タマ・紅蓮タマが多く、中には金木犀タマやリメンバを使っている方もいらっしゃいました。


試合開始前から参加者皆さんの熱気がこちらにも伝わってきていました。
開会前の記念撮影の際には皆さん満面の笑みで写っており、試合開始後も楽しい雰囲気の中、大会が進行していきました。

上位卓でもイオナやタマが多く同ルリグ対決が多く見られました。タマのデッキは紅蓮の巫女タマヨリヒメにグロウして最後にマユを出して攻める戦術が多く、イオナのデッキもフルメイデン/イオナからマユにグロウして攻めるシーンが多く見られました。

決勝はあきつかさんのタマデッキ(以降タマ)VSあんしゃさんのイオナデッキ(以降イオナ)の対戦になりました。

序盤イオナは低リミットのシグニでライフクロスを削り、タマは『ミカガミ』や『ヴァルキリー』の効果で手札を充実させていき、試合が動いたの互いにLv4にグロウした時でした。

先行だったタマが先に『紅蓮の巫女 タマヨリヒメ』にグロウし、アテナの効果で相手シグニをバニッシュ、そしてヴァルキリーとアークゲインでアタックし、イオナのライフクロスが2枚に、ここでイオナも『フルメイデン/イオナ』にグロウしヴィマナとマズフェイスを場に出し、ヴィマナでアークゲインをマズフェイスでアテナをバニッシュし、ルリグのアタックを受け、タマのライフクロスは1枚に、この時タマの場にはヴァルキリーが1体いるのみでした。
ここでタマは『創世の巫女 マユ』にグロウ、アークゲインとボーニャを場に出し、アークゲインとマユがアタック、マユのアタックでライフクロスを削りイオナのライフクロスも残り1枚に、次のターンになるとイオナもマユにグロウし、エクシード1を発動、アークゲインの能力を無効化したのち、ブラッティ・スラッシュでアークゲインをバニッシュ、その後ヴィマナ・ネビュラ・サーバントQ2を場に出しアタック、ここでタマがホワイト・ホープを発動しデッキからボウとボーニャを出し防御、その後タマがモダン・バウンダリーとスピリット・サルベージを続けて発動し、スピリットサルベージで戻したホワイトホープでガブリエとローメイルでアタックし決着がつきました。

お互いにマユにグロウしたときにはいったいどうなるのかと思いましたが最後はアーツをすべて発動したあきつかさんのタマデッキが勝利を掴みました。

沢山のご参加ありがとうございました!