日本橋2′s店 大会レポート


デッキ傾向は事前環境通り、イオナ型マユ、タマ型マユ、タマ軸、ピルルク軸が多く緑子が少ないイメージを受けました。

満席状態ということもあり大変なにぎわいでしたが、ジャッジを呼ばれるケースは少なく、進行自体は滞りなく進みました。



イオナ型マユが順当に抜けていき、ラウンドが進むにつれて他のデッキが駆逐されているようでした。

イオナ型マユVS紅蓮タマ
イオナ型が盤面アドバンテージを優先、一方タマ型はうまく機能せずハンドアドバンテージを駆使するも、決め手となった「コードアンチ マズフェイス」によってゲームが終わる流れになりました。

沢山のご参加ありがとうございました!