津田沼店 大会レポート


:4名  :0名  :3名  :3名

:3名  :1名  :0名  :6名  :1名

:4名  :7名  :0名    合計:32名

1弾からのルリグが多く、その中でもデッキ的に安定しているといわれているタマ、緑姫、ウリスが多い結果となりました。

2回戦目に勝ち上がったデッキは以下の通り。
タマ2名/花代1名/ピルルク 1名/緑姫3名/ウリス3名/遊月2名/イオナ2名/ミルルン1名/アン1名
広く分散する形となりました。この時点ではL5を使ったデッキが多くありました。3、4回戦と続くにつれて大幅に数を減らしていきます。

同じく3回戦目。
タマ1名/緑姫2名/ピルルク1名/ウリス2名/遊月1名/ミルルン1名
まだまだデッキが多様化しています。この辺からL5はタマ(マユ)とピルルク、ウリス、ミルルンとかなり減ってしまいました。ルリグデッキにアンシエントサプライズやアイドル・ディフェンス等の汎用性の高いカードの採用率が高い様です。

同じく4回戦目。
タマ1名/ピルルク1名/ウリス1名/遊月1名
ここまで来ると王道で、評判では強いとよく聞くルリグが多く残ります。タマは安定した盤面構築と相手のコンバットに合わせたディフェンスカードで手堅く勝利。ウリスはアンシエントサプライズやエニグマオーラで延命しつつ、空いたところを責める形での勝利となりました。

上位卓のひとつをご紹介します。
ウリス VS 緑姫
ウリス側のシグニの方が素のステータスが高く、つらい展開になると踏んだ緑姫がシエンコ等を使いパワーを上げてゲームメイクしようとするも、ブラックデザイアでしのがれ空いた盤面から打点をもらってしまいゲームエンドとなりました。

決勝卓
紅蓮の閻魔 ウリス VS 紅蓮の巫女タマ&マユ
開幕からお互いが盤面を固めていく展開となるが、ウリスがエニグマオーラを2度打ちライフ的優位を取ります。
盤面にシグニが残っていないことからタマはヴァルキリーやインデックス等を使い手札を整えつつベイヤを並べてマナ加速していきました。
紅蓮のタマからマユへとレベルを上げて追加ターンを使い仕掛けるも、ウリスのリアニメイトと墓地肥やしで防がれ息切れを起こしてゲームが決着しました。



沢山のご参加ありがとうございました!